スポンサードリンク

携帯・モバイル対応版はこちらからどうぞ

HOME >> 一人暮らしの簡単 料理 レシピ >> チャーハンのおいしい作り方:家庭でプロのようにパラパラ チャーハン♪

チャーハンのおいしい作り方:家庭でプロのようにパラパラ チャーハン♪

一人暮らし自炊では、ご飯のまとめ炊きが多くなることと思います。
余ったご飯は、味が落ちないうちに冷凍保存するということを、
一人暮らし食生活では、習慣にしてしまいましょう。

ごはんを冷凍保存すると、食べたいときにすぐ食べれるので便利です。
ただ、家庭の冷凍庫は温度変化が激しいので、あまり冷凍状態を過信しないで、
1ヶ月以内をめどに食べ切りたいところです。

そんな、冷凍保存したごはんの再活用、簡単レシピとして、
人気があるのが炒飯(チャーハン)ですね。
炒飯(チャーハン)ほど、手軽で簡単、だけど奥が深い料理もないです。

同じ素材、作り方なのに、プロと普通の人では、全然味が違ってくるのも、
炒飯 (チャーハン)のミステリアスな魅力の一つ。

雑誌、テレビでも、炒飯 (チャーハン)おいしいランキングとかよくやっています。
有名どころの中華街をはじめ、東京、名古屋、新潟、福岡、札幌、高蔵寺、平塚、荻窪といったエリアが人気です。

今回は、簡単にできる、おいしい炒飯 (チャーハン)の作り方を紹介します。

炒飯 (チャーハン)はいくらでも、具や調味料でアレンジできるのがいいところ。 まずは、シンプルな卵チャーハンの作り方をマスターしましょう。 これができれば、 あとは、応用自在です。

人気のレタス チャーハン納豆 チャーハンや高菜 チャーハン、あんかけ チャーハン、などなど。
入れる具も、
ツナ、鮭、カニ(かに)、わさび、キムチ、パイナップル、アスパラ、ひき肉、と
いくらでも対応できます。


美味しい炒飯 (チャーハン)レシピの下ごしらえ

[篥爐竿咾法△酒を軽くふりかけた後、ラップなしで電子レンジで解凍します。
(パラパラなチャーハンにする為の水分をとばすことと、
フライパンの温度が下がらないよう、ごはんをあたためる役割があります)

溶き卵をつくっておきます。1人分卵2個。刻みねぎを、あらかじめの中に入れておきましょう。
(大めの溶き卵がプロのようなパラパラなチャーハンにするコツです。
の乳化作用を利用してごはんを包み込む必要があるので、1個では不足なんですね)


炒飯 (チャーハン)をテフロン加工フライパンでプロのように作るコツ

.侫薀ぅ僖鵑謀量のラードをいれて、強火で熱します。
テフロンの場合は、空焼きしないで下さい。
油から白い煙がでてきたら、溶き卵2個分を流しいれましょう。
この時、がフライパンにはりつくくらいだと、油がまだ少ないです。
溶き卵が油に浮いているくらいの状態なら、がぶわっとふくらむので、
さっとへらやお玉で、全体をかきまぜ、すかさず、ごはんの投入です。

△△箸蓮△劼燭垢蕁△瓦呂鵑里世泙なくなるようお玉の底で、
ご飯を押しつぶすようにほぐしながら炒めていきます。
コンロからフライパンが離れると温度が下がってしまうので、
プロのような、ダイナミックな鍋振りは逆効果になります。

ご飯がばらけてきたら、調味料で味付けです。塩、コショウ、味の素もしくは中華スープの素(味覇など)をふりかけます。
炒めつつ、時折味見して、味加減、炒め具合をチェックしましょう。
味のチェックを作りながら、やれば、しょっぱすぎた、ということはなくなります。
慣れてくれば、計量スプーンでなくとも、「適量」というのがつかめてきますよ。
炒め具合はお好みで、どうぞ。

せ転紊欧望潴をジュッとなべ底に伝わるよう、垂らします。
この醤油はあくまで香り付けのためですので、塩加減に影響する程度までは入れません。
さっとまぜて、おいしい炒飯(チャーハン)のできあがりです!

炒飯 (チャーハン)を中華鍋でプロのように作るコツ

,泙唆焼きをします。
油をひいていない状態で、中華鍋から煙がでるくらいまで熱しましょう。強火です。

⊆,法中華鍋に油をなじませます。
中華鍋全体に油がゆきわたるようにしていきましょう。
この油はサラダ油でもいいですよ。ここは強火でなくていいです。
ラードを入れて、強火で熱します。あとはテフロンフライパンと同じです。


家庭でプロのようにおいしい、パラパラな炒飯 (チャーハン)を作る方法のまとめ

あらかじめ、ごはんの水分をとばすこと
(家庭では火力が小さいので、少しでもロスを減らします。)
・ラードや牛脂を使うこと
(これだけで全然違います。プロの中華料理屋さんの味になります)
卵の乳化作用を活用すること
を半熟状態でごはんをコーティングするイメージ)

パラパラなうまい炒飯 (チャーハン) レシピに欠かせない卵の乳化作用とは

普通、水と油は相容れず、混ぜようとしても、分離してしまいますよね。
まるで水と油のようだ、と、仲の悪い人のいいまわしとしても使われるほどです。

ただ、
そこに卵黄を入れ、混ぜ合わせることで、
水と油がクリーム状になって結びついてくれるんです。

マヨネーズで有名なたまごの特有現象です。これが卵の乳化作用なんです。

この乳化作用があることで、炒飯 (チャーハン)を作る際、
溶き卵がごはんの水分と油を結びつけてくれます。
クリーム状になったがご飯の粒をしっかりとコーティングしてくれるので、
べたつかず、油っこくない、プロがつくるような、
ふんわりとしたパラパラチャーハンが出来上がるという訳です。

逆に炒飯 (チャーハン)をつくる際、を加熱しすぎてしまうと、
タンパク質がかわって、乳化作用がはたらきません。
その結果、たまごはパサパサ、ごはんはべとつく、
という炒飯(チャーハン)の失敗につながってしまいます。
ここはとにかくスピードが肝になってきます。

をスクランブルエッグ状態にしたら、本当に速攻でご飯を投入し、
いかに、ごはん全体にをいきわたらせるか、ここが、おいしいチャーハンの作り方のコツです。

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ | 次のエントリーへ »

【一人暮らしの簡単 料理 レシピカテゴリーの関連記事】

たまねぎの皮で作るカレーで薬膳料理
猛暑エマージェンシーモード
自炊を簡単システム化しよう
食品の表示ラベルに気をつける
ペペロンチーノは乳化が決め手!
お鍋でご飯を炊くには
電子レンジでご飯を炊く
ためしてガッテンのカレーから味付けを科学する
一人暮らしでこれはもっておきたい調味料
必要に迫られて自炊
一人暮らしの鍋選び
ガーデニングは一人暮らしの友
防災の備えにおいしいフリーズドライ
一人暮らしの食生活はベースの油にこだわりたい
ひとり暮らしで風邪を引いてしまったら
野菜 保存 とっておきの方法
玄米 ダイエット ものぐさレシピ
中華鍋のメンテナンス 油ならし
中華鍋:一人暮らしのお役立ちツール
チャーハンのおいしい作り方:家庭でプロのようにパラパラ チャーハン♪
ごはんを上手においしく冷凍保存する方法
料理してて怪我したときの応急処置
オリーブオイルで健康美人♪
キノコで飾る一人暮らしの食生活♪
お米をおいしく炊くコツ
おいしいお米を食べるには
カップラーメン アレンジメント おいしい 作り方ベーススープ編
インスタントラーメンのレシピ おいしい作り方 トッピング編
カップラーメン カスタマイズ
カップラーメンのおいしい食べ方

スポンサードリンク

投稿者 on 2006年10月07日 05:46

チャーハンのおいしい作り方:家庭でプロのようにパラパラ チャーハン♪を最後までお読下さいましてありがとうございます。
一人暮らしの食生活 冷凍ご飯のレシピ チャーハンに関するトラックバックやコメントを受け付けています。
一人暮らしの食生活 冷凍ご飯のレシピ チャーハンに関する記事をお持ちの方や一人暮らしの食生活 冷凍ご飯のレシピ チャーハン関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):